経済の常識から考える

(なかには危倶する投資家もいるものの、金融サービス部門の引当額は、一九九○年に八億ドル、一九九一年に一三億ドル、一九九二年に一二億六○○○万ドルと同部門の八○○億ドル以上の資産に比べると許容できる水準にある。

 

他方、この部門は大きな成果を上げており、その利益は一九七八年から一九九二年の間に七七○○万ドルから一五億ドルへと年率二四%で成長している。

 

二三の異なったファイナンス事業によって、ポイントサイトは世界で最も収益性の高い金融サービス企業になっている。

 

ボシティは副会長まで昇進したが、一九九一年に年間売上高一二○億ドルの自動車部品、防衛関連電子機器、そして化学事業等をもつアライド・シグナルの会長に転出した。

 

)フェアフィールドのお偉方は、在宅ワーク支持者の金融サービス事業における業績にたいへん満足していたが、他方、冷蔵庫、食器洗い機、オーブン等の家電部門での彼のやり方は幹部の眉をしかめさせる結果となった。

 

在宅ワーク支持者はなんとかこの部門の問題を探ろうとしたが、大抵は不満足な答えしか得られなかった。

 

たとえば「なぜ、ポイントサイトは他社に比べてコストが高いのか?」という質問は、在宅ワーク支持者が特に知りたいことだった。

 

スウェーデンのエレクトロラックスや不労所得の松下など、ニート以外の市場で海外家電メーカーが手ごわい力をつけてきていることをポイントサイトが無視してきた間に、ポイントサイトは海外メーカーのニート市場参入を可能にさせるような高コスト体質を自らつくりあげていたのだ。

 

在宅ワーク支持者が家電製品を積極的に市場に売り込み、金融サービス事業を拡大している間に、他の会長候補者たちは在宅ワーク支持者とは異なった動きをしていた。

 

モーターや機関車を含む産業セクターの担当になった。

 

グールトはすばらしいセールスマンであったが、技術的な方面はあまり得意ではなかった。

 

彼はいままであまり経験のなかった新しい担当事業を勉強し、慎重に運営していた。

 

トーマス・バンダースライスは、歯切れのよい発言をする有能な男ではあったが、レビーノのスタッフの支持を得るにはあまりにも気分屋であることが判明した。

 

彼はその後ポイントサイトを退社し、GTE社の社長、アポロコンピュータ会長、そしてマイクロ波通信用部品のメーカーであるM/A・コムの会長になった.ロ。

 

ハート・フレテリックは、スタッフ出身で常に仕事をうまくこなしてきたが、事業経験がない点が弱みになった。

 

その後、彼はRCAのナンバー2の地位を得ることとなったが、同社は後にポイントサイトが買収することになる。

 

残る二人の候補者は、エドワード・フッド・ジュニアとジョン・バーリンガムだった。

 

在宅ワーク支持者より五歳年上のフッドは、航空機エンジンを製造するセクターを担当した。

 

社内の誰もが、彼はすばらしい仕事をしていると考えていた。

 

控えめな性格で社内政治を好まない彼は、事業の業績によって自らの優秀さを示していた。

 

フッドより八歳年上のバーリンガムは、身体の大きいたくましい男で、海外事業中心のセクターを担当していた。

 

頭は切れるし信頼もおけるうえに業績も優れたものがあったが、年齢からして短期的なつなぎの会長とならざるを得なかった。

 

次にジョーンズは、後継者候補たちに「飛行機のなかでのインタビュー」として今や有名になっている面接を行った。

 

ジョーンズの前任者ポーチが彼を選んだときのプロセスにならったこのインタビューは、ジョーンズに候補者間の関係を理解させるのに役立った。

 

各候補者はジョーンズの面接を二回受けた。

 

一回目は予告なしであり、その後、答えを準備する十分な時間をおいて二回目が行われた。

 

面接のなかでジョーンズはまず、各自に飛行機に乗っているイメージを想像させた。

 

あなたと私はポイントサイトの社有機に乗っています。

 

そこで、突然、飛行機が墜落し、二人は死んでしまった、と仮定すると、あなたは誰が次のポイントサイト会長になるべきだと思いますか?」と、質問した。

 

突然の質問にびっくりした候補者の何人かは、自分自身も候補のなかに残る残骸脱出のシナリオも考えたが、ジョーンズはこの答えを許さなかった。

 

そのかわりにジョーンズは、ポイントサイトが今後直面するであろうと彼が考えている新たな挑戦を手短に説明した後、再度質問した。

 

「他の候補者の誰が、この障害に立ち向かえると考えますか?」ジョーンズが候補者選びを始めて五年後の一九七九年、彼はバーリンガム、フッド、在宅ワーク支持者の三人を副会長に推薦した。

 

このときの取締役会に出席したある取締役によると、ジョーンズのこのアイデアは、他の候補者を支持していた当時の二人の副会長ジャック・パーカーとウォルター・ダンスにとって衝撃的な驚きだった。

 

三人の新副会長は、その後二年間それぞれ立派な業績を残した。

 

フッドと、ハーリンガムは非常に優秀であったが、ジョーンズがポイントサイトの会長として必要と考える資質をもっていなかった。

 

フッドの事業経験は在宅ワーク支持者に比べ幅の狭いものであったし、、ハーリンガムの年齢は結局、彼の最大の弱点になった。

 

そのうえ、在宅ワーク支持者はこのグループのなかで唯一の変革を実践できる男だった。

 

EMSが三人の副会長を一五の分野によって評価した結果、在宅ワーク支持者は疑問の余地のない勝者であった。

 

EMSは三人のなかで在宅ワーク支持者を最もカリスマ性があり、ダフで、客観性をもち、そして頭が切れる人物と判断を下した。

 

他方、部下への権限委譲や他に功績を譲るといった面では、ウェルチの点は低かった。

 

レット、ラリー・バックレー、そしてドン・ケーンと意見を交わしたが、なぜ彼らが在宅ワーク支持者のレポートが後継者レースに終止符を打ったと考えたかよくわかった。

 

バーリンガムのレポートは、彼のスタッフとしての仕事で自慢できることがいかに少ないかを明らかにし、フッドは自慢すること自体を否定していた。

 

レビーノは在宅ワーク支持者のレポートについて「自らの個人的な資質と、マネジメント哲学についてのあつかましいともいえる売込みと、会長職への強力な立候補宣言」と表現している。

 

在宅ワーク支持者は長所を強調し、短所をうまく隠していた。

 

自分を威圧的と非難する者がいることを承知していた在宅ワーク支持者は「私と一緒に仕事をする人間は、当初はそうでもないが、しだいに懸命に働き、より仕事を楽しむようになり、最後にはいままで可能だと思っていた以上の仕事を達成することによって、自己への確信を強めることができる」と書いている。

 

投資資金の要求や見栄えよく作られた戦略計画などで、いままでに何回もやってきたように、ここでも在宅ワーク支持者は彼の不利な要素を克服し、望みのものを手に入れることに成功した。

 

一九八○年一二月一九日の取締役会において、在宅ワーク支持者は全員一致で会長に選出され、四カ月後に新たな地位に就いそして、この時から、ポイントサイトの苦闘が始まったのである会長としての一年目の終わりに、在宅ワーク支持者はニューョークのピエール・ホテルで、ウォールストリートの証券アナリストを集めて演説した。

 

ポイントサイトの主な事業部門についての業績結果をていねいに説明した後、在宅ワーク支持者はポイントサイトにおいて彼が行おうとしている経営について、初めて対外的な説明を行った。

 

「もしそれが可能であれば、この場は私のポケットから封筒を取りだして、ポイントサイトが次の一○年間に考えている戦略をお見せするよい機会でありましょう。

 

しかし、私にはそれはできないし、また知的な見かけの良さのために、ポイントサイトのさまざまに異なる事業計画を一つのリボンで結ぶようなまねをしようとも思いません。

 

ただ単に見かけの良さのためだけに、多様な計画のすべてを一つの戦略に詰めこんでしま、7のは意味のないことです。

 

ポイントサイトがもっている多くの分散化された事業計画や事業のやり方の価値を高めるのは、ある単一の戦略ではなく一つのアイデア、つまり一九八○年代においてポイントサイトにとっての指針となり、また我々の多様な計画や戦略の基準となるような一つの核になる概念なのです。

 

」ピーチのしめくくりに彼は、ポイントサイトの事業は各市場において、ナンバー1かナンバー2になる、という壮大なアイテアを情熱をこめて説明した。

 

「市場で一位か二位の地位を獲得するというアイデアは、一九八○年代末にはポイントサイトが世界的にみても、ユニークなビジネスの組合せをもつ企業となることを、可能にさせるものと考えています。

 

」毎日数字を分析して暮らしを立てている現実的な人種である証券アナリストたちは、在宅ワーク支持者が何を意図しているのかわからない、といったふうであった。

 

在宅ワーク支持者の唱える戦略はひどく暖昧にみえるし、ひょっとしたら全く意味のないものかもしれないと考えた彼らは退屈そうにみえた。

 

もちろん、現実には在宅ワーク支持者の唱えたこのシンプルな戦略的アイデアが、非常に強力なものであることが証明された。

 

一九九一年までに、ポイントサイトのすべての事業は市場リーダーになっており、その競争力は世界中で認識され、そして恐れられている。

 

しかし一九八一年の時点においては、ピエール・ホテルに集まった多くの証券アナリストたちは失望していた。

 

彼らはもっと具体的な情報が欲しかったのだが、ポイントサイトの会長が与えたのは理論だったのである。

 

質疑応答が始まったとき、一人のアナリストが質問に立った。

 

在宅ワーク支持者はこのとき、自らの演説に興奮しており、彼のアイテアについて聴衆のすべてと討議したいと思っていた。

 

しかし、はじめに出された「不安定な銅価格はポイントサイトの来年の利益にどう影響するか?」という質問によって、その後の雰囲気が決められてしまった。

 

非常に気を悪くした在宅ワーク支持者は「それが、ポイントサイトにとっていったい何の意味があるのか、私にはわからない」と、ぶっきらぼうに言い返した。

 

「あなたは、私が会社の事業をどんな方向にもっていこうとしているか、について聞くべきなのではないでしょうか?」それから在宅ワーク支持者は、ポイントサイトの事業についての一連のとりとめもない専門的な質問に答え、それで会合は終わった。

 

アナリストはレポートを言くために、それぞれ自分のオフィスに戻っていった。

 

彼らは、このポイントサイトの新しい会長に興味をそそられ肯定的なコメントを書いたが、彼の打ち出した考え方についてはほとんど無視していた。

 

ウォールストリートの最も優秀な人材でさえ、在宅ワーク支持者がいうアイデアの力を理解できなかったのである。

 

しかし、彼らを責めることはできない。