不労所得と日本の経済について関係性。

不労所得と日本の経済について関係性。記事一覧

不況と不労所得の関係性

それを「利子」と呼ぶ。経済が上向きに なっている国や地域では、カネの持つ価値はそれだけ大きくなり、利子率は高くなるから、資本 は利子の高い国に流れていく。不況の国や地域では利子率は概して低く、それに応じて利潤も低 くなる。このような利子率に高低差があると、不労所得資本は利子率の低い国で資金を調達し、...

≫続きを読む

 

中国と不労所得の関係性を考える

しかし、そうはいってもやはり中国などの現状を見れば分かるように、先進国の資本が積極的 に投資をすればその国の経済は活性化していくわけだから、物価も高くなり、それにしたがって 労働者側からの賃上げ圧力が高まってくる。以前のような安い賃金ではもう働きたくないし、暮 らしていけないと訴える労働者が増えてく...

≫続きを読む

 

不労所得とは働かないことよりも大変である。

不労所得主義はつねに高低差を探し求め、作り出し、それ自身を維持し ようとするようになった。かくして、不労所得主義は世界中で格差を拡大し、貧困層を作 り出していくようになっていった。 すでに述べたように、アダム・スミス以来の近代経済学では、マーケット・メカニズムという「見 えざる手」に委ねれば、資源の...

≫続きを読む

 

不労所得と在宅ワークの関係制

まずオバマ大統領が目指すのはイラクからの名誉ある撤退であろう。もう要するだろう。、数年後には、不労所得は不死鳥のようにふたたび立ち上がってくるに違いない。そのパワーの源泉は、第一には、オバマ大統領のリーダーシップである。不労所得史上、非白人の不労所得人がこれほど元気づいたことはこれまでになかった。こ...

≫続きを読む

 

不労所得の方法を経済の常識から考える

(なかには危倶する投資家もいるものの、金融サービス部門の引当額は、一九九○年に八億ドル、一九九一年に一三億ドル、一九九二年に一二億六○○○万ドルと同部門の八○○億ドル以上の資産に比べると許容できる水準にある。他方、この部門は大きな成果を上げており、その利益は一九七八年から一九九二年の間に七七○○万ド...

≫続きを読む

 

不労所得の日本経済2

何度も繰り返すようだが、私は改革は必要だと考えているが、問題はその中身である。日本社会を本当の意味で再生させることができる「改革」は何としても必要だが、やみくもに新自由主義、市場原理主義を言いつのり、中身もろくに吟味しないで「民営化」「規制撤廃」を貫徹するの保障がある。しかし、重要なことは、新自由主...

≫続きを読む

 

不労所得と税金の問題点

この不労所得マニュアルを今、読んでいるあなたはもちろん保険料を払っているだろうから、そういう心配は少ないかもしれない。だが、これから数十年経ったときに、日不労所得マニュアルの社会に年金ももらえず、住む場所もない人たちがたくさん現われたら、どうなるだろう。路上で極貧生活を送っている人たちに対して「自己...

≫続きを読む

 

ベーシックインカムと不労所得

たとえば、消費税二○パーセントになったとき、年収二○○万円の人たちの消費税負担は四○万円となるわけだが、この税率アップと同時に「全国民に均しく毎年四○万円ずつ還付する」という制度を導入するのである。1私の「還付金付き消費税」構想でも、その人が働いているか、いないか、所得はいくらか、年齢は何歳か、性別...

≫続きを読む

 

ワーキングプア問題と不労所得

「社会的つながり」を実感することが必要だ。言い換えるならば、「自分はこの頃、日不労所得マニュアルではいわゆるワーキング・プアの人たちの犯罪がしばしば報じられている。この人たちの犯罪を正当化するつもりはないが、しかし、たとえば秋葉原の雑踏で人を無差別に殺傷した犯人が「誰からも相手にされなかったから……...

≫続きを読む

 

失業保険と不労所得の関係制

なぜかというと、まず第一に、解雇されても失業保険が手厚く支給されるから生活の不安はない。それと同時に、デンマークでは賃金は徹底した同一労働・同一賃金制度を採っているので、同じ仕事をしているかぎりは、同じ会社で何年勤めていても、賃金は上がらない。そこで大事になってくるのがスキルアップなのだが、失業はス...

≫続きを読む

 

出産コストと不労所得の関係性

ここでは詳述するゆとりはないが、たとえばデンマークの場合、妊娠・出産にまつわる自己負担は限りなくゼロに近いわけだが、そうした金銭的支援よりも重要なのは、子育てにまつわる、さまざまな親の苦労を、国家というよりも地域社会全体で肩代わりしてやろうという体制ができデンマークでは子どもを無事出産すると、まずは...

≫続きを読む