不労所得マニュアル!貧乏でも可能!【不労所得】の作り方

アフィリエイトと不労所得

 

この点に関しては、自分自身の不勉強、洞察力の欠如に佃泥たる思いを抱いているのである。
第七章でも詳しく検証したいが、アメリカと同様に、日本でも着実に格差は拡大しはじめた。
いわゆる「勝ち組」と「負け組」の二極分化である。

 

 

格差社会の拡大は、もちろん日本でも大きな問題となっている。東京の銀座に次々とヨーロッ
パの高級ブランドの旗艦店が出店し、超高級車が売れる一方で、「ワーキング・プア」と呼ばれる
フリーターや派遣社員といった人々が増え、寝泊まりするところさえない「ネットカフェ難民」と
呼ばれる人々さえ現われている。

 

 

かつて日本の特色と言われた「一億総中流社会」はもはや見る影もない。アメリカで起こった中
流階層の崩壊現象のミニチュア版ともいうべき現象が、この日本でも起こっているのだ。
グローバル競争に勝ち抜くために行なわれた日本企業の「雇用改革」によって、かっての終身雇
用システムや年功序列システムは消滅したに等しい。わずか一○年ほどの間に年収二○○万円に
満たない貧困層が二○○万人も増えて一○○○万人の大台に達し、日本社会や日本企業の精神風
土に悪影響を与え始めている。

 

さらにこうした雇用改革と同時に行なわれた医療改革も、さまざまな問題を生んでいる。たし
消えた安全・安心

 

さらに言えば、地方経済の惨状には目を覆うものがある。
地方経済が悲惨な状況にあるのは、地方への十分な税源移譲がなされないまま、国家の財政再
建を優先し、地方交付金や公共事業が削減された結果である。手足は縛られたままで、交付金や
公共事業が削減されれば、それらに依存していた地方が疲弊するのは当然である。
地方が自律的に動けるように、住民の生活を安定させるのに必要な税源措置の裁量権を与え、
それと引き換えに中央からの財政資金の絞り込みをするというのがあるべき順序なのに、それが
逆になってしまっている。これでは地方が悲鳴を上げるのは当然である。

 

しかし、こうしたきめ細かな対策がないがしろにされたのも、結局は「自己責任」などという陳
ひと腐なスローガンが独り歩きした結果であり、「とにかく小さな政府で規制緩和をすればよい」と
いった風潮がまかり通ったからに他ならない。

 

アダルトアフィリエイトなら不労所得なのだ。

 

不労所得